岡田裕子の「ひびわれ日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 全員展パーティー

<<   作成日時 : 2008/06/17 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

先週土曜日は、全員展パーティーへ。

参加者である息子(6歳)を連れて行こうか迷ったのだが、どうも最近激しく「世間」とか「社会常識」を勘違いしている感があるので、やめた・・・。
「全員展」の雰囲気が一般社会だと思われると、ちょっとね・・・。
数十人のアーティスト&シロウト(うちのムスコとかね)が決して広くない会場に、ギューギュー詰め展示。
どれもなかなか力作、というか情念が籠った作品・・・。


今回の企画者、遠藤一郎(未来美術家)のかけ声。
画像


「フレーッフレーッ、お・れ・た・ちっ!」を繰り返す一郎君。
大盛り上がりの会場。「オレッタッチ」と口々に叫ぶ大人達・・・。

一昔前まで、「ヘンな奴」としか見えなかった一郎君。
いまでは立派なアーテイスト。
・・・というか「活動家」?
音頭をとって、人の心をつかむのがうまいんだよね、たぶん地なんだけど。
彼は、政治家とかけっこう向いてるんじゃないだろうか、ってたまに思う私。

かつての40年会の教え子高田君。
高田祭りが始まった・・・!
画像

7万円でチンドン屋を呼び、高田うちわを配ると、まるで、パっと見、私たちが高田くんのファンのようになってしまった・・・。
や、やられた。
「いや〜、会場をジャックしてるね。ウチワとは考えたね。」
と、隣に居た工藤キキさんが呻く。

そして、その、先見のメイが冴えるキキさんにも「今夜一人の表現者が、また生まれたね」と言わしめた、感動のパフォーマンスが・・・。
それは西岡メガネ(→ホントはフリーデザイナーよん)によるポールダンスであるっ。
画像


写真ではわかりにくいが・・・。
自作のスケスケ衣装を身にまとい・・・
SM的な格好なのに、なぜかチャームポイントの黒メガネが光る・・・。

メガネ、ポールにまとわりつき大回転。
メガネ、まわるまわる!
メガネ、足広がる広がる!

眼にもとまらぬその動き。
オイオイ、まるでスパイダーマンだあ。
CGかとおもったよ。人間業じゃない・・・。

すげーーー!

寅次郎の作品も、ちゃんと展示されてマシタ。
良い作品もいっぱいあるっぽかったんだけど、とにかく混沌としていて、混雑していて、全部は見れなかったあ。

みなさん、お疲れ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
僕(18才)の作品、見ていただけましたか?!
僕、アーティストになれますか?!
東谷隆司(18才)
2008/06/17 19:04
東谷さま

もちろん、入口はいってまっさきに見ましたよお!

・・・すみません、昔、わたし東谷さんのこと、ずっとアーティストだと思ってたんですよ。だからあとから職業聞いて「うっそー、あのひと学芸員なのォ?(笑)」って。
当時の仕事柄、大抵、外見を見るとそのヒトの職業がわかってしまう私なんですが・・・

だから、アナタ、根っからのアーティストなんではないですか?実は普段からそう思ってるんですけど。

個展、楽しみにしてるんで!また清澄白河まで見に行きますよ〜ん。
おかだ
2008/06/17 20:04
紹介どうもありがとうございます!チンドン屋でお金使い果たしてモヤシばっかり食べてます........
あれだけ人を集める遠藤君は凄いっ!ですよね
冬彦
2008/06/18 00:54
いや〜、チンドン屋さんは正解でしょう。
美術に投資はつきもの・・・(涙)
わたしもキャベツばっかり食べてた事ありますよ〜。
おかだ
2008/06/18 08:19
ええ、入口以上は入れませんでした、凄い活況でビックリ!ポールダンサーさんは居たなぁ。エレベータ待ちがヤだったので、階段を降りてる時に、上から掛け声は聞こえてましたよ!

あれだけ人が多くちゃ、御挨拶できなくて残念でしたが、その機会はまたいつか宜しくお願いします★
香ばしいだいちゃん
2008/06/18 12:53
香ばしいだいちゃんさま

あっ、ではニアミスでしたね!
でもそのうちどこかでまた会えそうですよね。
ご来場いただき、息子にかわってお礼を・・・。
おかだ
2008/06/18 14:15
一郎くん、色んな意味で天才だ!!
人の心を掴むのが、まさに上手いと思います。
そこが私とは正反対なのですが、だからこそ、好対照で、私は一郎くんと仲良くなれたのかなあ・・・・・と。
メガネのパフォーマンス、初めて見ました。
服の穴の開きまくったバットガール?
そういえば、私の周辺の作家って、絵だけじゃなく、パフォーマンスとか、マルチに活躍するのが多い気がする。
高田くんの手伝いが出来て、何だか嬉しかった。
半ば「義務」の様に思い込んでしまっています(ヤバイ?)。
大塚聰
2008/06/20 19:20
いや〜
大塚さんも一郎君もメガネも高田くんも、その他の人々、
みんなそれぞれ才能あって個性ありありで
おもしろいですよ〜

ちょっと変人系だけど

でもそういうひとたちといっしょに居ると、なぜか安心してしまうんですよね〜

逆に、マトモな人といっしょに居るとすごい緊張してしまうんです

わたしって・・・
おかだ
2008/06/21 07:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
全員展パーティー 岡田裕子の「ひびわれ日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる