岡田裕子の「ひびわれ日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS ワンダーサイト渋谷にて息子が

<<   作成日時 : 2011/01/18 18:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2



ワンダーサイト渋谷http://www.tokyo-ws.org/shibuya/index.html
にて開催されている、遠藤一郎プロデュース「わくわくSHIBUYA」に、息子の寅次郎くんが出展してます。
普段から作り溜めている、3DCGの建物をプリントアウトしたもの。
この展覧会、知り合いのお友達紹介的に集まった、色んな作り手がいっぱい参加してるよ。
隣の会場では「荒川智則個展 presented by カオス*ラウンジ」が展示中。

どちらも時代の表現の多様化を感じさせてくれます。
というわけで、我が家からは1番の若手、寅次郎くんを派遣してみました。
彼は自らフリーダウンロードしたgoogleのスケッチアップというフリーソフトを使って、趣味で3Dのビルとか作って遊んでます。2009年ぐらいからやってたかな。
google earthに連動できるみたいで、最初の頃は皇居の中にでっかいビル建てたりして、親としても大ウケだったなー。

そいえば、先日、旧トロンをDVDで観たんだけど、映像中の風景が、この寅次郎の作ったスケッチアップの建物に、雰囲気が激似でした。
旧トロン、息子にとっては現在公開中のトロンレガシーより面白いと言ってた。

私は昔のトロンをリアルタイムに映画館で観たんだけど、期待が大きかった分、実際見たら退屈だった思い出が。でも、今観直したら、やっぱり凄いと感心してしまった!史上初のCG映画だけど、どのカットもそのまま絵になるほどの美しさがあった。若きティム・バートンがアニメーションで参加してるし!
やっぱり映画の歴史に重要な映画なのかも。
トロンレガシーの親子お涙頂戴劇が無いのも、かえって清々しく、結末もアッサリしててなんかイイ。

別に文句もないんだけど、最近の子供向けの映画って、たいていは親子愛みたいのをストーリー軸にしてるよね。昔の映画は無駄を省いてサバサバしてた物が多かった気がするな。

トロンは時代が早すぎたんだね。私も、当時はグラフィックの世界に戸惑ってしまってついていけなかったんだとおもう。

いつの世も、革新的なものは理解されないって事かもね。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
岡田裕子さま

初めまして。
寅次郎くんの作品を是非拝見しにと思っていたのですが、風邪こじらし→喘息になってしまった為、伺えませんでした。残念です。ブログで拝見すると、寅次郎くんの天才振りに感動しつつ、私は大人ですが、メラメラとジェラシーを感じます。
かっこいいなぁ。

実は、ここで申し上げる事ではないのですが、岡田さんにお便りを出す先が分からず、この場をお借りします。失礼します。

実は最近ヒョンな事から、岡田さんが高校の先輩だという事を知りまして、ビックリし、嬉しくてしょうがなく。
年齢が近いので、同じ頃に在学されていたのだと思うと興奮してしまいます。姉も演劇部で、私は合気道部でした。
加えて、大学も同じで、そちらでも先輩だと知り、めちゃくちゃに嬉しいです。私は彫刻科でした。

以前お書きになっていた、H先生のお話。
拝見致しました。
私もかなり問題児で、何故か「宿題をしない」というポリシーがあった為、H先生からの「百人一首を丸暗記する宿題」をやらず、頭を全力で叩かれた思い出があります。
H先生の葬儀の頃、私の父が危篤でしたので、参列する事が出来なかったのですが、岡田さんの記事を通してH先生の事を偲ぶ事が出来たような気持ちになりました。
書いてくださって、ありがとうございました。

実は私も作家をしております。
活動し始めたのが遅く、環境との兼ね合いで制作ペースもノロいので、なかなかまだまだな者です。
寅次郎くんに負けないよう、頑張ります!
こちらでいいのかアレですが
また岡田さん(先輩)にお便りさせてただきます。
この場をお借りした上、長文で失礼致しました。

37回生*吉澤久美子
怪しい者ではありません。
http://www.yoshizawakumiko.com/
吉澤
2011/03/05 01:50
吉澤様
すっかりお返事が遅くなり申し訳ありません。
なんだか落ち着かない日々で・・・
吉澤さんは、地震ではお怪我等ありませんでしたでしょうか。

HPも拝見しましたよ。ご活躍、楽しみにしています!
ぜんそく大丈夫ですか。お大事に。
わたしも実は喘息持ちなんですよ。辛いですよね・・・。
寅次郎君が天才だなんてそんな・・・(笑)
今日もしばらく勉強してなかったら九九を忘れてて(この学年でかなりマズイような・・・)、暗唱の練習し直したところですよ。
でも子供は好きな事だけはみんなすごいんですよね。寅次郎君の従兄弟は魚好きで、さかなクン並みにお魚詳しいですよ。
活動のスタートが遅くても、いまご活躍の作家さん、たくさんいらっしゃいますよ。
お互いにひきつづきがんばりましょう〜。

展覧会等あったらご案内いただけたら嬉しいです。
おかだ
2011/03/28 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワンダーサイト渋谷にて息子が 岡田裕子の「ひびわれ日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる